Web小説作者の天国

Web小説作者の天国

 あるWeb小説の作者が死んだ。過労死だった。  本業である会社勤めはブラック企業で、そこでのストレスを晴らすためにスマホで通勤中に書き始めたWeb小説が、つらい日々の唯一の励みだった。  しかし寝る間も惜しんで書き、毎日五回も更新したのがいけなかったのか。  ある日の朝、作者は満員電車の中で倒れて、それっきり帰らぬ人となったのだった。  もう帰る必要もない。会社にも行かなくていい。  だが、どこへ行けばいい?  そんな作者の前に、天使が現れた。  真っ白いシーツみたいなひらひらの服を着ていて、白い翼があり、頭には光る輪っかが浮いている。 「作者よ、あなたは生前よく頑張りました」  天使は美しい顔で微笑んで、両腕をさしのべ、そう言った。 「これからは天国で過ごしましょう。そこでは、どんな作品もパッと軽率に思いつくだけで自動的に原稿になり、全てが傑作で、全てが自動的に更新され、通りすがりの天使が読んでイイネを押してくれますよ。あなたは何もしなくていいのです。よかったですね」  作者が呆然と聞いていると、どこからか黒いモヤモヤとともに悪魔が現れて言った。 「いいやお前は地獄へ行くのだ。そこでは毎日、ノルマ二万字。そのうち一万五千字はボツだ。お前は苦しんで書き、アプリのエラーでデータは吹っ飛び、誤字脱字だらけで、クソリプが来る。更新は毎日五回だ。もう死んでいるから、眠ることも、食うこともできずに、永遠に書き続けるのだ」  作者は震えながら悪魔の手をとった。  これからWeb小説作者の天国へ行くのだ。  天使はポカーンとして言った。 「えっなんでだよ?」